内藤善夫(バイオバランス)の乳酸菌発酵飼料とは?経歴や嫁も気になる!クロスロード


今回は、2月25日(土)22時30~放送予定の「クロスロード」に出演される。バイオバランス社長の内藤善夫さんについて調べてみたいと思います。

酪農家では、牛の排せつ物処理や病気、人手不足などが長年問題となっています。

その問題の助け舟となあるのが、「乳酸菌発酵飼料」なんだそうです。

内藤善夫さんは、「乳酸菌発酵飼料」開発したことにより、現在注目される人物なんです!

牛を健康に育て、健康な牛乳や肉 そして堆肥や土でつくられた大地のめぐみたっぷりの新鮮な野菜を食べてもらって人々を健康にしたいと思い、

乳酸菌を使った「循環型農業」の構築を目指しているそうです。

また、3月にレストランをオープンする予定。

では、「乳酸菌発酵飼料」とはどんなものなのでしょうか?さっそく調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

乳酸菌発酵飼料とは?

地元地域の未利用資源を使って短時間で乳酸発酵することで良質で機能的な飼料製造技術が開発されました。

輸入濃厚飼料の高騰により、酪農家は危機に陥っています。

例えば、日本一の畜産県鹿児島は大変な死活問題となっていているのですが、地域には焼酎粕やさつまいものつるなど多くの未利用資源が眠っています。

その未利用資源を活用することで地域内で循環させ、利益の出る農業経営にしようということで家畜の飼料製造が今注目されています。

内藤善夫さんの行っているバイオバランスは、乳酸菌株(Anti-Muffa株)を使った乳酸菌発酵飼料ということです。

乳酸菌の活性化状態を保つことで、家畜の町内の悪玉菌の生育を抑制し、飼料の消化吸収率を促すことで家畜の腸内環境から健康にしようとするものです。

ただ単なる乳酸菌ではなく、そこには経営革新のソリューションモデルがあったのです。

バイオバランスは、畜産業の経営に「5つの効果」をもたらす
① 商品の差別化<乳房炎や下痢の低減、免疫力向上による乳肉卵質の向上>
② コストの削減<除糞や切り返し作業の削減、燃料の削減、敷材料の削減>
③ 売上の拡大<乳酸発酵堆肥の販売、新たな付加価値商品の販売>
④ 人材の育成<後継者・従業員の獲得、ノウハウやモチベーションの向上>
⑤ 環境への配慮<糞尿・畜舎・堆肥の悪臭改善による、職場・近隣環境の改善>

株式会社バイオバランスへのホームページはコチラ!

バイオバランスを導入している肉牛牧場です。バークを1回追加するだけで、ニオイが発生することなく1~1.5カ月使用することができています。

幼稚園で保護者向けのセミナーを行ったり、イベントで講師もされてるようです。

内藤善夫さんのプロフィールや経歴

◆名前:内藤善夫(ないとう よしお)
◆年齢:49歳

色々調べましたが、詳しい情報はみつかりませんでした。

出身地や学歴なども公表されていないようです。

また、見つかり次第、追記したいと思います。

結婚して嫁はいるの?

現在49歳の内藤善夫さんすでに結婚していてもおかしくない年齢ですが、ご多忙のため独身なのでしょうか?

もしかしたら、美人な奥様とかわいい子どもさん、いらっしゃるかもしれませんね。

そうだとしたらきっとお料理上手な奥様の手料理でおいしくて健康的な食生活を送っているのでしょうね!

内藤善夫さんの3月オープンのレストラン

気になるレストランですが、「YSM」という名前のレストランなんだそうですが、まだ準備中のようでした。

「食の安全と喜び」をモットーとした最上級のフランス料理のようですよ。

場所はこちらになります。 👇   👇

◆東京都渋谷区神宮前3丁目39-9 ヒルズ青山BF
◆地下鉄銀座線「外苑前」駅より徒歩7分

「YSM」へのホームページはコチラ!

で追究する“Ysm”にどうぞご期待下さい

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、「内藤善夫(バイオバランス)の乳酸菌発酵飼料とは?経歴や嫁も気になる!クロスロード」というタイトルでご案内しました。

これからの酪農を営む方々には朗報だったのではないでしょうか?

日本の食生活や世界の人たちにも明るい畜産業になることでしょうね!

では最後まで読んで頂いてありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です