宇留野純の精巣がんとは?嫁や結婚とwiki風プロフィールも気になる!生きるを伝える


今回は、テレビ東京で3月4日(土)20時54分~放送予定の「生きるを伝える」に出演される。
宇留野純さんについて調べていきたいと思います!

宇留野純さんは、サッカー選手としていた25歳の時、精巣がんになり、お医者様から引退勧告という厳しい現実を言い渡されたが、なんとか医師を説得して経過を診ながらサッカーを続けているそうです。

宇留野純さんの、精巣がんとはどんな病気なのでしょうか?早速、調査していきたいと思います!

スポンサードリンク

精巣がんとは?

「精巣」という臓器とは、精巣には、精子をつくるホルモンを分泌するといった役割があります。つまり男性のみに存在する器官です。

「精巣がん」は精巣に発生するがんなのですが、10万人に1~2人という非常に稀ながんなんです。

精巣がんには、腫瘍細胞の形によって、下記の2種類に分類されます。
組織型は顕微鏡で直接がん細胞の形を観察することで分類できます。

セミノーマ型精巣がん・・・セミノーマは、精巣がん全体の約50%を占めます。

転移するケースも多くみられますが、患者全体の約80%が完治することができます。

非セミノーマ精巣がん・・・セミノーマに分類されないものは、すべて非セミノーマに分類されます。

精巣がんの原因や症状とは?

精巣がんの原因は、症例数も少ないため、まだはっきりとした解明がされていないのが現状です。

精巣がんの主な症状が、痛みがない精巣の腫れが特徴です。

こぶし大に腫れあがったとしても、痛みが全くないことが多いです。

精巣がんは症状が非常にわかりにくいため、肺・骨・頸部リンパ節などに転移したことによる痛みで気づくケースが多いです。

宇留野純さんの場合は、25歳の時に、転移のリスクがあるため、医師からは引退勧告されたということでしたので、がんの発見が早かったのでしょうね。

「なんとしてもJの舞台で戦いたかった」
05年の冬、社員選手としてプレーしていたアマクラブの名門・ホンダFCを去って、
プロ選手となった。一日一日を必死に戦ってきた。肋骨(ろっこつ)が折れても、
ピッチに立ったこともある。それでも、検査結果を待つときの恐怖に比べたら、
骨折の痛みなど「へっちゃら」だった。

本当にすごい方ですね!感動です!再発の恐怖がつきまとう毎日で、肋骨が折れることなんて全く「へっちゃら」なんてなんて強い方なのでしょうか?

私だったら、毎日怖くて何もできないかもしれない。宇留野純さんは常に前向きだったんですね!

今でもサッカー指導者として活躍されているなんて本当に頭が下がる思いです。

宇留野純さんのプロフィール


引用元:http://blog.lirionet.jp/uru/2012/08/
◆名前:宇留野純(うるの じゅん)
◆生年月日:1979年10月23日(37歳)
◆出身地:埼玉県鶴ヶ島市
◆身長:174cm
◆体重:67kg
◆埼玉県出身の元サッカー選手
◆ポジション:ポジションはミッドフィールダー

1995年には、桐光学園高等学校へ進学し、井手口や1年先輩の中村俊輔、佐原秀樹と共に1996年度の全国選手権で準優勝しました。

1998年に本田技研工業サッカー部に社員選手として入団。

2005年初頭、医師より精巣腫瘍と診断され、すぐに手術を受ける。

2015年は、タイのリージョナルリーグ・ディヴィジョン2に所属するウボンUMTユナイテッドFCに入団。

同年で引退、現在はサッカー指導者として活躍中。

宇留野純さんお写真からすると、とっても優しそうに笑う方なんですね。犬好きなのでしょうか?

結婚して嫁がいるの?

結婚に関してですが、沢山調べてみたのですが、結婚やお嫁さんについての詳しい情報はみつかりませんでした。

宇留野純さんは、すでに37歳ですね、結婚していてもおかしくない年齢ですね。

それも、大変な病気もされているのにサッカーの指導者としても活躍されているので、優しい奥さんがいらっしゃるかも知れませんね!

最近の様子がTwitterに出ていましたよ!  ↓   ↓

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、「宇留野純の精巣がんとは?嫁や結婚とwiki風プロフィールも気になる!生きるを伝える」というタイトルでご案内しました。

宇留野純さんは、闘病しながらサッカーの指導者としてすごい方だったんですね!そして、とっても優しそう!

3月4日(土)の「生きるを伝える」の放送がとても楽しみです!

では、最後まで読んで頂いてありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です