武田翔太の彼女は看護師なの?物凄い球種カーブも気になる!みらいのつくりかた


引用元:http://www.japan-baseball.jp/jp/team/topteam/2014/nichibei/30.html

今回は、テレビ東京で3月9日(木)23時24分から放送予定の「みらいのつくりかた」に出演される。

プロ野球選手の武田翔太さんについて調べていきたいと思います!

今年の「2017ワールドベースボールクラシック」WBCも楽しみですね!

そのWBCのメンバーに選出された武田翔太選手は、

ネット上では、彼女が美人の看護師さんではないかとの噂です!

では、ソフトバンクの投手、武田翔太選手はどんな方なのでしょうか?さっそく調査していきたいと思います!

スポンサードリンク

武田翔太選手のプロフィール

 

◆武田翔太(たけだ しょうた)
◆生年月日:1993年4月3日(23歳)
◆出身地:宮崎県宮崎市
◆身長:186cm
◆体重:85kg
◆投球・打席:右投右打
◆ポジション:投手
◆出身高校:宮崎日本大学高等学校

愛知県名古屋市で生まれ6歳の時宮崎市に引っ越し、小学校でソフトボールをはじめる。

高校時代には1年生の秋からエースとして活躍しており、長身を活かした投球スタイルで『九州のダルビッシュ』と呼ばれるようになります。

その頃から、背が高くて、かっこよかったんでしょうね!

2011年10月、プロ野球ドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスでドラフト1位指名され入団しました。

2017年のWBCにも出場決定となり、物凄いカーブの球種

目標としている投手は、杉内俊哉投手と和田毅投手。

セールスポイントは笑顔。頭を使った投球ができる投手になりたいと、入団時に語っています。

武田翔太選手の彼女は看護師なの?

ネット上では、武田翔太選手の彼女は看護師の「まゆ」さんという方という噂なのですが、確実な情報はありませんでした。

でももし、看護師の彼女だったら野球選手にとってもお似合いですね!怪我をした時なんか優しく看病してもらえそうです。

武田投手も23歳なので彼女さんくらいいらっしゃるかも知れませんね1

武田翔太選手の球種カーブが気になる!

武田投手は、タテに割れる球「ドロップカーブ」という、投げ方が特徴です。

ドロップカーブを投げ始めたのは中学2年生くらからなのですが、との当時から握り方は変わっていないそうです。

カーブなのですが、抜く感じではなくしっかり投げ込む感じなのです。

まっすぐ近い軌道で投げ、曲がり始めてからボールが早くなるというありえない感じのカーブなんだそうです。

しっかりと回転をかけて投げるため、スピードも120キロ台を出すことができます。

緩急のつけ方によって異なりますが、少し早く抜くようにリリースすればスピードが落ちて大きくカーブします。

速くしたければ、リリースは必然的に打者よりになり、曲がりとスピードを変えて投げています。

そのときの握り方はすべて一緒なのだそうです。

この魔球「ドロップカーブ」の切れ味が物凄く多くのバッターが苦しめられました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は「武田翔太の彼女は看護師なの?物凄い球種カーブも気になる!みらいのつくりかた」というタイトルでご案内しました。

WBCでも武田投手の魔球「ドロップカーブ」をみることができるのでしょうか?楽しみです。

それにしても、まだ23歳という年齢なのにしっかりした青年ですごい投手だったのですね!

WBCの試合が今から待ち遠しいですね!頑張れ!武田投手!

これからのご活躍も応援していきたいと思います。

では最後まで読んで頂いてありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です