ぼんちおさむの障害や病気とは?嫁や娘と息子も気になる!アウト×デラックス

今回は、フジテレビで3月9日(木)の23時から放送予定の『アウト✕デラックス』に出演される。

ぼんちおさむさんについて調べていきたいと思います!

ぼんちおさむさん、なんだか久しぶりな感じがします。

ところが、ネット上では、障害が病気なんじゃない?という噂が飛び交っているようなんです。

なので、早速調査していきたいと思います。

スポンサードリンク

ぼんちおさむさんのプロフィール


◆名前:ぼんちおさむ
◆本名:長瀬 修一(ながせ しゅういち)
◆生年月日:1952年12月16日(64歳)
◆血液型:O型
◆出身地:大阪府大阪市
◆出身高校:興國高等学校卒業
◆所属事務所:吉本興業
◆職業:漫才師、俳優。

漫才コンビ「ザ・ぼんち」のボケ担当。

「おさむちゃんで~す」などのギャグで1980年代にブレイクしました。

ぼんちおさむさんの障害や病気とは?

少し前に紳助さんが行列の中で話していたのですが、昔新幹線に乗っていたのが、

ビートたけしさん、島田洋七さん、ぼんちおさむさん

それぞれが、鼻をならし、首をふり、口を大きく開ける癖があって新幹線が到着する頃には

その全員の癖がぼんちおさむにうつってしまったそうなんです。

伸介さんたちもチックを持っていることにびっくりして、もしかしたらトゥレッターじゃないの?と思うことが多々あったそうなんです。

では、トゥレット障害とはどんな病気なのでしょうか?

トゥレット障害とは

児童期から青年期にみられるチック症の一種で、「運動チック」と「音声チック」が1年以上持続することを特徴とする精神・神経疾患です。

チック症の種類には「運動性チック」「音声チック」の2種類があり、まばたきや首振り、咳払いといった、一見癖のように見える症状が起こることをチックと呼びます。

チックの症状は撃的・性的な要素を含むことが多いため未治療の場合、患者にとって社会的な不利益を生ずることが多い。そのため、二次的に自己評価が低下したり抑うつ的になったりすることがあります。

【運動チックの主な症状】
顔面の素早い動き(まばたき、顔をしかめるなど)、首を振る、腕や肩を振り回す、体をねじったり揺すったりする、自分の体を触ったり叩いたりする、口の中を噛む、他人の身体や周囲のものなどにさわる

【音声チックの主な症状】
咳払い、鼻をすする、短い叫び声、汚言症(罵りや卑猥な内容)、うなり声、ため息をつくなど
一見意味があるようにみえますが、更なる誤解を生むことがあります。年齢が上がると学校や会社で抑制するため家ではは、その反動で回数や頻度が多くなることがあります。

たしかに、ぼんちおさむさん、短い叫び声やうなり声出されますね。

でもそれは、お笑いのネタなんじゃないかと思うのです。

ビートたけしさんも首を振るや腕や肩を回すなどの行動が特徴的ですが、すごい映画監督さんでもあり、

テレビでも活躍されている方ですので、皆さんそういったクセのようなものをお持ちなんじゃないかと思います。

なので、ぼんちおさむさんは、トゥレット傾向があるだけということだと思います。

ぼんちおさむさんの嫁や娘と息子も気になる!

ぼんちおさむさんのご家族のことを色々調べてみましたが、詳しいことがあまり分からなかったのです。

ご結婚はされているようなんです。結婚されたのが、漫才ブームの前でなので、きっと奥様も経済的な面でぼんちおさむさんを支え続けてこられたんだと思います。

ぼんちおさむさんがブレイクしたのは、奥様の存在があってからこそといわれています。

ぼんちおさむさんの子どもさんなのですが、娘さんと息子さんもいらっしゃるそうなんです。

娘さんは、1983年生まれで、ニューヨークのアポロシアターでジャズライブをされた時、ぼんちおさむさんを招待されています。

息子さんは大阪の梅田にある「大阪屋」というお店を経営されているそうです。

朝7:00からあいてる。

梅田新食堂街、いわゆる阪急ガード下の立ち・座り呑みありの昭和な雰囲気漂うお店です。

◆「大阪屋」の住所:大阪府 大阪市北区 角田町 9 新梅田食道街 1F・2F

「大阪屋」へのアクセスはコチラ!

経営されているということなので、実際に息子さんが調理されているわけてはないみたいです。

興味がある方は是非行ってみて下さい!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は「ぼんちおさむの障害や病気とは?嫁や娘と息子も気になる!アウト×デラックス」というタイトルでご案内しました。

ぼんちおさむさんの病気が気になっていたのですが、元気にテレビに出演されているのでまずは心配ないようでよかったです。

「おさむちゃんで~す」はもう64歳になられたんですね!月日が流れるのは早いですね!

でもその時のギャグは血管が切れそうなので、ほどほどにして下さいね!

では、ぼんちおさむっさんとご家族の今後のご活躍も応援していきたいと思います!

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です