樋口祐介のユーイング肉腫とは?wiki風プロフィールも調査!生きるを伝える

今回は、当時ご本人が小学年生12歳の頃、お姉さんが小児がんで入院。

やっと退院したその1年後にご自身も中学2年生の時に、「ユーイング肉腫」という小児がんにかかり、

辛い抗がん治療と手術の闘病中に周りの方と関わった中、

一人の女の子との出会いが自分の夢のきっかけになったという。

現在は、26歳の会社員 樋口祐介さんの事についてお話したいと思います。

 

スポンサードリンク

樋口祐介さんにプロフィールは?

樋口祐介(26歳)会社員

2005年12月 ユーイング肉腫(小児がん)久留米大学病院に入院。

2007年3月 退院。高校卒業4日前に退院。

2008年4月 志望校に合格・入学。吹奏楽部に入部。

2011年 大学に入学。

2013年 建築事務所でアルバイトをはじめる。

2014年 4年生を1年休学し7月から「世界一周 建築の旅」へ出発する。

 

2003年8月

(当時 小学6年生 12歳)お姉さんが小児がんで入院

病室の環境は、とても悪く、6人部屋に使えるスペースは2畳ほど、狭い隙間にゴザを引いて、お母さんが看病されていたそうです。

お子さんの副作用や鳴き声で夜も眠れず、涙を流す場所もなかったそうです。

ただでさえ、子供が大きな病気を抱えて辛い上に、環境の悪い中看病は、お母さんはさぞかし、心も体も疲れきってしまったのですね。

身体を壊す時も多かったそうです。

同じ母親としては、なんとも心が痛みます。

 

2004年9月

そして、1年後お姉さんは、退院しやっと普段の生活が戻ってきました。

その時、家族揃っての「おはよう」の挨拶や皆で朝ご飯を食べる事、夜寝る時の「おやすみ」って言える。

普段ではなんともないことがとても幸せだったそうです。

ただ、何でもない家族の時間って普段はそう思わないのに、やっぱりこういう経験をするとなお一層、

健康で家族揃ってご飯を食べたり、挨拶したり普段のなにげない事ほど、本当にありがたいなぁって思います。

 

2005年12月

中学2年生、14歳の時今度は、ご自身が「ユーイング肉腫」で入院されるのです。

当時は、テニス部に所属されていて部活に行くのかとても楽しい日々だったそうです。

そんな矢先に足に水痘が出来てしまいます。

お姉さまが、何回も病院にいくように促します。

何度も大学病院で検査した結果。「ユーイング肉腫」だったそうです。

折角、家族そろって穏やかな日々を暮らせると思っていたのに、まだ試練があるの?まだ苦しめるの?と私だったら思います。

でも、彼はくよくよしても仕方ないと思い、入院中にしか経験出来ない事をやってみよう!と行動するのです。

体調はというと、1ケ月に1週間位しか、調子の良い時はなかったそうです。

そんな中、お母さんの代わりに小さい子供をあやしたり、他の病棟の患者さんや掃除のおじさんと仲良くなったり、前向きに過ごしていました。

お母さん大助かりだし、他の病棟の方や掃除のおじさんも、こんな若い男の子と仲良くなれて、嬉しかったと思います。

若いのに感心です!きっと皆の人気者だったんでしょうね。

「みーちゃん」との出会い。

そこで、当時9歳の女の子「みーちゃん」と出会うのでした。

みーちゃんは、北側の寒い病棟の廊下のベンチで誰か来るのを待っていたそうです。

きっと誰かとお話しする位しか楽しみがなかったのかも知れませんね。

彼は、退院した後も、逢いに行っていたのですが、13歳で、とうとう天国に旅立っていってしまいました。

その時、なんの悪い事をした訳でもなく、たまたま病気にかかっただけなのに、誰かが来るのを待つだけの一生でいいのか悔しさがこみ上げてきます。

そこで、彼は人の笑顔をつくりたい!環境の良い病院を作りたいと思うようになるのでした。

 

ユーイング肉種とはどんな病気?

女性よりも男性に多いがん性腫瘍で、全体の約半数以上が10歳から20歳までに発症します。

粘膜や皮膚などの上皮組織に発生する悪性腫瘍は「がん」。

骨、軟骨、筋肉など神経の非上皮組織に発生する悪性腫瘍を「肉腫」と呼びます。

幼少期から20歳までの方が多くかかる病気なので遊びたい盛りも青春も全て奪われてしまいます。

ユーイング肉種原因

何がユーイング肉腫を引き起こすのか、はっきりとした原因はまだわかっていません。

ただ、腫瘍細胞に遺伝子異常が認められていることが分かっています。

この遺伝子異常がユーイング肉腫の発生に関与していると言われています。

ユーイング肉腫の主な症状や生存率は?

特別な症状があるわけではありませんが、怪我をしている訳でもないのに、手足に痛みや腫れまた発熱を生じることがあります。

初期段階では、主に運動時に痛みが生じやすく、その後安静時にも痛みが生じるようになります。

痛みは腫瘍が急激に大きくなるほど強く、

少しずつお大きくなる場合は病気に気づかないまま見過ごしてしまう場合があるそうです。

肉腫が発生しやすい箇所は、(大腿骨や上腕骨、腓骨、脛骨)が41%。

骨盤25%、肋骨が12%となっています。

治療方法は、外科手術、化学療法、放射線治療を組み合わせて行います。

『希少がんセンター』では初期段階の転移のない、四肢に発症した場合では、現在の5年の生存率は70%ほどです。

患肢温存率(切断しないで残すこと)も90%以上に達するという事です。

症状が現れた場合には、早めに病院で受診することをお勧めします。

樋口さんの奥さんやお子さんは?

調べてみましたが、奥様さんやお子さんの事については、分かりませんでした。

まだお若いので、今はお仕事に力を入れていらっしゃるのかもしれませんし、

病院でも人気者だったので、もうすでに彼女くらいはいらっしゃるかも知れませんね。

お子さんも好きそうなので、素敵なイクメンパパになりそうですね。

いかがでしたでしょうか。今回は、26歳の会社員 樋口祐介さんをご紹介しました。

彼は、どんな大人になったのでしょうか?

2017年1月7日(土曜日)テレビ東京で放送が楽しみです。

ご家族の方も頼もしく、立派になった姿をみてひと安心ですね。

樋口祐介さんなら、ご自身の夢に向かってどんな困難でも立ち向かっていけそうですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です