大野真司(乳がん先生)は九州がんセンターにいるの?略歴や九州大学卒業も気になる!

今回は、TBSテレビで3月26日(日)の23時30分から放送予定の「情熱大陸」に出演される。

大野真司先生について調べていきたいと思います。

乳がん最前線の治療を行っているという大野真司先生ですが、

現在、乳がんになる女性は、年間で9万人といわれていて、11人に1人がかかる病気といわれています。

女性の方なら誰でも、心配になる病気のひとつではないでしょうか?

そんな心配の一つ乳がんの治療をしてくれる大野真司先生はどんな方なのでしょうか?

スポンサードリンク

大野真司先生のプロフィール


◆名前:大野真司(おおの しんじ)
◆生年月日:1958年?月?日(58歳)
◆出身地:福岡県

1984年 九州大学医学部卒業
1986年 九州大学医学部附属病院医員(第二外科)
1989年 米テキサス大学腫瘍学研究員
1993年 九州大学医学部附属病院助手(第二外科)
1997年 九州大学医学部附属病院併任講師(第二外科)
2000年 国立病院九州がんセンター乳腺科部長
2014年 同センター臨床腫瘍研究部長、臨床研究センター長
2015年 公益財団法人がん研究会有明病院院長補佐・乳腺センター長

引用元:http://super-doctor.com/Entry/206/

2000年からは、国立病院機構九州がんセンター臨床研究センター長を務めていましたが、

2015年4月からは、がん研有明病院乳腺センター長に就任されました。

優しくて温かいドクターとして評判があり、年間1,000件以上という日本一の手術症例数をもっている名医です。

そんな評判のいい大野真司先生の治療とはどんな治療内容なのでしょうか?

続いて調べていきたいと思います。

大野真司先生の乳がん治療とは?

乳がんとは?

乳房は乳腺組織と脂肪組織からなり、乳腺組織は母乳を作る「小葉」と、作られた母乳を運ぶ「乳管」に分かれています。

乳がんはこの乳腺組織に発生する腫瘍(しこり)であり、自己診断によっても見つけることができます。

マンモグラフィーなどの定期検診によって早期発見することが大切です。

乳がんは女性のがんの中でもっとも患者数が多いといわれていて、30歳代からはじめ発症のピークは40歳代後半といわれています。

治療方法は?

乳がんの治療は治癒つまり、乳房やリンパにあるがん細胞を治療すだけでなく、これから再発や転移しないように、局所療法と全身療法を組み合わせて行われます。

全身に散らばった「がん細胞」を治療する薬物療法、全身療法と

手術や放射線治療は乳房やその周囲のリンパ節などを直接治療する局所療法として行われます。

手術の方法は、乳房温存術(部分切除術)と乳房切除術(全摘術)の2つに分けられます。

それぞれの具体的な長所・短所は後に述べますが、

重要な点は「乳房にできたがん細胞はすべて切除する必要がある」ことと、

「がん細胞がすべて摘出された場合、全摘術でも温存術でも予後(見通し)には差がない(ただし、温存術の場合は術後に放射線治療が必要です)」という2点です。

サイバーシップ支援とは?

大野真司先生は、若年乳がん女性を支えるために社会全体の取り組みとして「サイバーシップ支援」を行っています。
“サバイバーシップ支援”とは、がん体験者の方への社会生活における支援のことを表しています。

とくに若い乳がん女性は、ながい治療とともに、社会生活も一緒に送っていかなければならないので、円滑に生活していくためのサポートが必要となります。

乳がんを隠して仕事をしていたとしても、1/3くらいの方は職を失っていたそうです。

これからは、がんであることを職場の方に分かってもらい、治療のため仕事を休むことも大切です。

『ハッピーマンマ』という組織が患者会のような体験者の活動を社会がサポートしているということです。

それがサバイバーシップ支援です。

〇小・中学生、高校生へのがん教育
〇専門学校生への啓発活動
〇ウォーキングイベント  などの活動や支援を行っています。

大野真司先生は、10年以上も前から『ハッピーマンマ』を通じてサイバーシップ支援を行っています。

サイバーシップ支援についてはコチラ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、「大野真司(乳がん先生)は九州がんセンターにいるの?略歴や九州大学卒業も気になる!」というタイトルでご案内しました。

乳がんについて改めて考えさせられました、乳がんは若い方にも増えているそうですね。

サバイバーシップ支援のように、中高校生からこういった勉強をするのも大切だし乳がんになっては「社会復帰できないかもしれない」と心に不安を抱えている女性も多いと思います。

是非こういった機関を利用していって、安心した社会生活が送れるといいですね!

では、最後まで読んで頂いてありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です