農家レストラン大門(富山砺波)のメニューや料金と行き方やアクセス地図を調査!人生の楽園


今回は、テレビ朝日で4月1日(土)18時00分から放送予定の「人生の楽園」に出演される。

富山県砺波市で境嘉代子(65歳)さんが営む「農家レストラン大門(おおかど)」について調べていきたいと思います!

境嘉代子さんは、中学生の時に、祖母から地域に伝わる伝統料理を教えてもらったことがきっかけで、料理が好きになったそうです。

48歳の時に食生活改善推進員になり、活動の中で郷土料理に深い関心を持つようになります。

仲間たちとイベントを開催して伝承料理を提供するようになりました。

ある時、砺波平野に空き家がたくさん残っているので、何かに使ってくれないかと砺波市から相談を受け、

2015年3月に「農家レストラン大門」をオープンしました。

ということで、築120年程の古民家の「農家レストラン大門」とはどんなところなのでしょうか?

さっそく調査していきたいと思います!

スポンサードリンク

農家レストラン大門(おおかど)とは?

立派な門構えの古民家で、砺波平野で緑ゆたかな屋敷林に囲まれた場所にあります。

砺波平野唯一の伝統家屋における、「農家レストラン大門」。

それは、「あずま建ち」といわれる代表的な家屋形式で太い梁の上に天井を張る「枠の内」造りです。

普段の日常を忘れて、田園風景を楽しみながらほっとできる場所です。

店内は、清潔感があり広々とした広間のテーブル席になります。趣がありゆったりと落ち着ける空間です。

砺波市で行事の時に昔から食べられる「いとこ煮」や「ゆべす」など

普段からご飯のお供として人気のある「よごし」など、砺波市に縁の深い料理が味わえると評判になっています。

《ゆべす》
寒天に溶き卵やしょうがをいれ、しょうゆやさとうで味付けし、冷やし固めた料理です。

見た目の華やかさとぷるフルっとした食感が楽しめます。

《よごし》
富山県内では、大根の葉やナスなどの野菜を茹でて細かく切り、味噌で味付けしたものを「よごし」というそうです。

その他、いもじ(芋の葉)、人参の葉、ほうきんの実などといった野菜が使われます。

普段から食べることが多くて、ご飯にぴったりです。

《いとこ煮》

小豆、カボチャ、ゴボウ、里芋、大根、豆腐など、堅いものから順に煮ていく料理で

「追い追い煮る」⇒「追い追い」⇒「甥々(おいおい)」⇒「いとこ煮」となったということです。

元々は、神に供えた野菜で煮ることから、お盆やお正月などのおめでたい時に食べられていました。

どれも、野菜がたっぷりでとても体に良さそうなお料理ばかりですね!

そうですね、今の若い方はこういう田舎料理は食べなくなってきていますが、食育の面でも是非食べていきたいですね!

農家レストラン大門の伝承料理は、他にも「大門素麺」「丸山」「おすそわい」「三食くずきり」

「干しずいきの白和え」「里芋田楽」などがあります。

農家レストラン大門のメニューや料金は?

メニューは昼の部と夜の部に分けています。(要予約!)
※季節により、料理内容や器が変わることがあります。

《その他のメニュー》

◆素麺定食(税込1,080円)
◆素麺  (税込702円)
◆やさいカレー (税込864円)

【昼の部】伝承料理(11:00~14:00)

『恋茜』(税込み2,700円)

『白雪姫』(税込み2,160円)

『黄小町』(税込み1,620円)

【夜の部】となみの御膳(17:00~22:00)

まつ(税込み5,940円)

たけ(税込み4,860円)

うめ(税込み3,780円)

農家レストラン大門の行き方やアクセス地図を調査!

◆電話番号:0763-33-0088

◆営業時間:11:00~14:00(昼の部)
17:00~22:00(夜の部)

◆定休日:12月31日より1月3日以外はなし

◆駐車場: バス1台、車20台 (スペースに充分な余裕あり)

◆所在地:〒 939-1316 富山県 砺波市 大門 165

・北陸自動車道
砺波ICより、車で8分
・北陸本線(新幹線)
新高岡駅で城端線に乗り換え、砺波駅下車、徒歩20分、タクシー8分
砺波駅より市営バス庄川線利用、大門下車3分
・砺波駅から1,888m

「農家レストラン大門」地図はコチラ!  ↓   ↓

「農家レストラン大門」へのホームページはコチラ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、「農家レストラン大門(富山砺波)のメニューや料金と行き方やアクセス地図を調査!人生の楽園」というタイトルでご案内しました。

農家レストラン大門は、お魚やお肉などほとんど使っていない「精進料理」だったのですね!

たまには、身も心もゆっくりのんびりと癒されに自然の中のレストラン!私も行ってみたいと思います!

では最後まで読んで頂いてありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です