松田昌美(ブラインドライター)wiki風プロフィールを調査!未熟児網膜症とは?生きるを伝える


今回は、テレビ東京で4月1日(土)20時54分から放送予定の「生きるを伝える」に出演される。

ブラインドライターの松田昌美さんについて調べていきたいと思います!

松田昌美さんは、4歳のころ未熟児網膜症という視覚障害を抱えてしまうが、健常者と一緒に社会で働きたい!

という気持ちで上京し会社勤めをはじめたのですが、障がいがあるということで退職に追い込まれてしまいました。

そこで、社会に認められるため、視覚障害者用の音声パソコンのスキルを身につけたそうです。

そんな頑張り屋さんの松田昌美さんとはどのような方なのでしょうか?

スポンサードリンク

松田昌美さんのプロフィール


◆名前:松田昌美
◆年齢:29歳
◆出身地:東京都
◆職業:ブラインドライター、会社員

静岡県の盲学校を卒業後、東京へ。幼い頃から読書が大好きだったそうです。

26歳の時に病気が進行してしまい、盲学校の教員のすすめで「テープ起こし」の技術を身につけたそうです。

松田昌美さんのすごいところは、なんと!の早送りの音声や2~3人が話している音声を同時に聴き分けることが出来るんだそうです!

聴覚がとっても優れている証拠ですね。すごい!まるで聖徳太子のようですね!

普段は、会社員としてコールセンターに勤めてるとのこと。

あと、視覚障がいに関する講演なども多数行っているそうです。

松田昌美さんのブラインドライターのインタビュー動画が見つかりました。


松田昌美さんは、視覚障がい者でありながら、OLでもありブラインドライターでもあり講演もされているのですね。

すごいパワフルでバイタリティー溢れる女性ですね!感心します!

それでは、未熟児網膜症というのはどのような病気なのでしょうか?

未熟児網膜症とは?

未熟児で、まだ発達途上の眼球内で網膜血管が以上増殖する病気です。

網膜血管は、お母さんのお腹の中にいる14週頃から発生し、枝分かれして30週で完成します。

未熟児で生まれ、安定した母体から急に環境が変化することによって網膜血管が異常に増殖するのです。

これが進行すると、網膜剥離(もうまくはくり)を起こし、重篤な視力障害や失明することもあります。

松田昌美さんは、こんな重度の視覚障がい者でありながら、会社員とブラインドライターで

企業もされているということなのですが、実は、2016年⑤月 ファッションブランドtenboモデルとして吉祥寺コレクションに、

2016年10月東京コレクション出演などメディア活動されているそうです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、「松田昌美(ブラインドライター)wiki風プロフィールを調査!未熟児網膜症とは?生きるを伝える」というタイトルでご案内しました。

松田昌美さん、何だかすんなりと人生を歩んで行っている感じがしたのですが、決してそうではありませんでした。

上京してきて、提出した履歴書はなんと300以上も書いて、面接が決まるたびに、

通勤路への行き方をなんども歩行訓練したり、不動産屋では居住する物件が見つからなかったり苦労も多かったそうです。

健常者には、分からない見えない苦労がたくさんあって今があるのですね!頭が下がります!

では4月1日(土)の「生きるを伝える」の放送も楽しみですね!

今後の松田昌美さんのご活躍も応援していきたいと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です