加藤智大(美術家)のwiki風プロフィールと秀逸なデザインを調査!嫁や子供がいるの?デザイン・コード


今回は、テレビ朝日で4月1日(土)24時06分から放送予定の「デザイン・コード」に出演される。

加藤智大さんについて調べていきたいと思います!

奇跡的なデザインを生み出す加藤智大さんどんな方なのでしょうか?

スポンサードリンク

加藤智大さんのプロフィール

◆名前:加藤智大(かとう ともひろ)
◆生年月日:1981年?月?日
◆出身地:東京都
◆最終学歴:多摩美術大学院
◆職業:鉄の美術家

大学院終了後は、オーダーメイドの金属加工会社に勤め腕を磨いたのち独立をする。

東京都板橋区にスタジオを構える。

建物だけでなく配置される設えや茶道具まで総てが鉄で制作された「鉄茶室徹亭」が第16回岡本太郎賞を受賞。

加藤智大さんの秀逸なデザインを調査!

第16回の岡本太郎現代芸術賞(通称「TARO賞」)の受賞作品

建屋や床の間、掛け軸、茶道具、生け花など、「茶室」を構成するすべての要素を、鉄で制作した作品です。

生まれて初めてお茶時に招いていただいた時、同席されていたお客様が、『お道具を拝見する時は、姿勢を兎に角低くして見てください。』と優しく教えてくれたのだそうです。

万が一手を滑らせて落としてしまっても、貴重なお道具を壊してしまわないようにとのお客側のマナーなのだそうです。

その時のことが、衝撃的かつ感激したといいます。

その道具自体の用途を越えて人の姿勢を制限させる作用を持つのです。

日本の文化と物質の深い関係性を再認識し、確信をもって制作出来ました。
この作品を見て頂く方には、日本に根ざした特異な工芸感、鉄特有の存在感、全てが鉄であるという強烈な物質感、

などなど、感じていただくと幸せですということでした。

なるほどですね。ただお茶を飲むということだけではなく、道具を大事に扱う心が姿勢にも現れるということですね。

私も、お茶会の席などでお茶をたしなんだことはないのですが、

お茶を作った方や茶器を作った方、お茶を淹れてくれた方に敬意の心と感謝の気持ちでお茶を飲むというこででしょうか?一期一会日本人の心は奥深いですね。

第16回岡本太郎現代芸術賞『太陽と鉄』

岡本太郎さんの作品を鉄格子に閉じ込める挑戦的な作品です。

原色の太郎作品に黒光りする鉄格子が怪しく光る感じは何やら鬼気迫るのもが確かにある。

加藤智大さんは結婚して嫁がいるの?

加藤智大さんはすでにご結婚されていました。


引用元:http://www.pictaram.com/user/tomohirokato_/2470431725


引用元:http://www.pictaram.com/user/tomohirokato_/2470431725


引用元:http://www.pictaram.com/user/tomohirokato_/2470431725

奥さんの名前は、新藤杏子さんです。

引用元:http://www.pictaram.com/user/tomohirokato_/2470431725

どうですか?とっても可愛い息子さんですね!奥様もすごく幸せそうです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、「加藤智大(美術家)のwiki風プロフィールと秀逸なデザインを調査!嫁や子供がいるの?デザイン・コード」というタイトルでご案内しました。

加藤智大さんの情報があまり見つからなくて大変でしたが、実際の本人はとってもイケメンなんだそうです。

息子さんも奥さんもとっても幸せそうでした。きっと加藤智大さんが優しいパパなのでしょうね!

今後の加藤智大さんご活躍も応援していきたいと思います。

では最後まで読んで頂いてありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です