吉原義人のwiki風プロフィール出身は?刀鍛冶の国宝の童子切安綱とは?情熱大陸


今回は、TBSテレビで4月16日(日)23時25分から放送予定の「情熱大陸」に出演される。

吉原義人さんについて調べていきたいと思います!

「日本刀は武器であって、武器ではない」と吉原義人さんはことあるごとにそういわれるのだそうです。

熟練の技が求められる日本刀作りの世界で20代から天才といわれてきたそうです。

これまでに作った刀は500本以上。海外からの評価も高く、世界三大美術館のひとつ米メトロポリタン美術館もその作品を買い求めたということです。

今若い女性の中でゲームをきっかけに日本刀がちょっとしたブームになっているそうです。

日本刀の魅力といえば、美しさや独特の質感、さらに刀身を彩る「刃文」と呼ばれる模様・・

鉄の芸術品が世界中で注目されているということです。

では、吉原義人さんとは一体どのような方なのでしょうか?

また国宝中の国宝の名刀、童子切安綱(どうじぎりやすつな)とはどんな名刀なのか調べていきたいと思います!

スポンサードリンク

吉原義人さんのwiki風プロフィール


◆名前:吉原義人
◆生年月日:1943年2月21日(74歳)
◆出身地:東京都葛飾区
◆職業:刀鍛冶師

文化庁認定刀匠および日本職人名工会殿堂名匠。若い頃に高松宮賞など上位特賞を総なめにして脚光を浴びる。

伊勢神宮の御神刀(20年に一度の勲章)の指名も3度受け、メトロポリタン美術館、ボストン美術館が吉原氏の作刀を買い上げる。

1987年には『英文版 現代作刀の技術 – The Craft of the Japanese Sword』

2012年には『The Art of the Japanese Sword』など英語版の著書多数出版している。

テキサス州ではダラス市名誉市民に選ばれている。

吉原義人さんの叔父が刀鍛冶を再開した際にいつも手伝う様になっていたそうです。

少しずつ、刀鍛冶にのめり込んでいき20代の頃には、刀鍛冶の腕は確かなものになっていったということです。

転機は27、28歳の頃。24歳から刀を展覧会に出品し続けていくうち、高松宮賞や文化庁長官賞などの受賞歴を積み上げ、

「刀鍛冶一本で飯が食べられるように」なったそうです。

国宝の童子切安綱とは?

源頼光が酒呑童子を退治するために用いた「童子切安綱」は、平安時代の刀工である大原安綱によって作られ、

大包平と共に絶賛される傑作です。

凄まじい切れ味で、日本最古の吸血刀と呼ばれている程有名な日本刀なんです。

伝統的な日本刀で鎌倉時代の末期に名工正宗が出てからは、その後の日本刀制作に大きな影響を与えた刀となります。

正宗を日本刀の正道を例えた場合、妖刀村正は邪道に例えられることも多いのですが、

この妖刀村正は徳川家に大きな負の影響を与えた日本刀として知られています。

吉原義人さんの日本刀とはどんなものがあるのでしょうか?


日本刀のことはあまり詳しくないですが、「刃文」と呼ばれる模様が鮮やかで素晴らしいですね!

この模様が出来るまでには、相当な労力と時間がかかったのでしょうね。

金額はおよそ1本約300万円、毎年10本制作されているそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は「吉原義人のwiki風プロフィール出身は?刀鍛冶の国宝の童子切安綱とは?情熱大陸」というタイトルでご案内しました。

番組では「魂の一振り」に挑む天才刀鍛冶に1年間かけて密着取材ということです。

職人としての息をのむような技術や「童子切安綱」ぜひ見てみたいですね!

4月16日(日)の情熱大陸の放送が楽しみです!

今後の吉原義人ご活躍も応援していきたいと思います。

では、最後まで読んで頂いてありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です