こだま食堂(栃木那須塩原)のメニューや料金と行き方やアクセス地図を調査!人生の楽園


今回は、テレビ朝日で4月15日(土)18時00分から放送予定の「人生の楽園」にピックアップされる。

「こだま食堂」について調べていきたいと思います!

那須連山の麓に位置する栃木県那須塩原市でかつて、鈴木利實さん(58歳)のご両親が営んでいた食堂を17年ぶりに復活させたそうです。
そのラーメンの味が昔懐かしいと大評判になったということです。

ラーメンと焼きそばで人気だった「こだま食堂」は、利實さんの母・コウさんが70歳を迎えたのを機に閉店すること

になった時、妻の直子さん(56歳)は「地元で愛され続けてきたこの店を継ぎたい!」と思ったそうです。

その後、利實さんも59歳で会社を退職し、2015年夫婦で「こだま食堂」を再開したということです。

直子さんも利實さんのご両親思いで優しい方ですが、利實さんも奥さん思いの優しい方なんですね!

以前の常連客からも大好評の昔懐かしい味が再現できたのは、

直子さんが、先代の作ったタレの元となる「かえし」を大切に保管していたからなんだそうです。

それでは、昔懐かしい味のラーメン是非味わってみたいですね!「こだま食堂」どういうお店なのか早速調査してきたいと思います。

スポンサードリンク

こだま食堂のメニューや料金は?

店内は落ち着いた雰囲気、田舎のおばあちゃんの家に遊びにいったみたいな気分になれます。


メニューは昔も今も「ラーメン」と「焼きそば」のみですが、今度新しく「チャーシューメン」が加わりました。

◆ラーメン・・・・・・650円

◆焼きそば・・・・・・700円

◆チャーシューメン・・800円

地元のお客さんからも、元祖中華ラーメーンの味と大評判のこの味を作りだしたのは、

利實さんの父親で先代の故・鈴木 政三郎さんです。

政三郎さんは、なんとフランス料理のシェフをされていたそうです。

なので、味のセンスとこだわりは人一倍だったそうです。

手先がとても器用だった政三郎さんは、朝三時にスープの仕込みをしてその後は芸術品を作っていたそうです。

店内は、まるで美術館のように絵画・彫刻・焼物・帆船模型などの芸術品が飾られています。

行き方やアクセス地図を調査!

『こだま食堂』
◆所在地:〒325-0033 栃木県 那須塩原市 埼玉 6-41
◆電話番号:0287-63-8645
◆営業時間:11:00~15:00(ランチ営業、日曜日も営業)
◆定休日:木曜・金曜日 祝日は営業
◆交通手段:那須塩原駅、黒磯駅から タクシーで15分ほど
◆席数:22席
◆駐車場:あり16台

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、「こだま食堂(栃木那須塩原)のメニューや料金と行き方やアクセス地図を調査!人生の楽園」という
タイトルでご案内しました。

先代の父親がフランスのシェフだったのでこだわりの味ということなので、是非行って味わってみたいですね!

それと、妻の直子さんきっと先代からも可愛がられていたのでしょうね!直子さんの一声がなければ「こだま食堂」は復活していなかったのですものね!

復活してからホームページを作ろうと考えていたそうなのですが、オープンしてから3日でお客さんが満員になったそうですよ!

昔懐かしい自然に囲まれた場所で美味しい中華ラーメン食べると心も身体も喜びそうですね!

では最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です