メブザ夫妻のカフカス犬兄妹たちの感動話と今現在は?ザ!世界仰天ニュース

引用元:http://karapaia.com/archives/52231467.html
今回は、日本テレビで5月2日(火)21時から放送予定の「ザ!世界仰天ニュース」の

世界の超秘境&未知の病2時間スペシャルのコーナー「妹を見捨てなかった兄」ということで、

2016年12月メブザ夫妻はウクライナで保護施設から2匹の兄妹犬を引き取りました。

しかし、ある朝妻が起きて犬小屋を確かめると2匹の犬が居なくなっていたということです。

心配した夫婦は1日中探したが、見つからなかったそうです。
2匹の兄妹犬はいったいどこにいたのでしょうか?

ウクライナ西部のウージュホロドという街の雪の積もった線路の真ん中に2匹は横たわっていたのです。

それは、2016年12月25日のクリスマスの日でした。

動物救助隊の元に、線路の上に2日間も同じ場所にとどまっている2匹の犬がいるという連絡が入りすぐさま駆け付けました。

ケガを負って線路の上から動けなくなっていた妹の犬にに寄り添うようにして心配そうにずーっと傍についていたお兄ちゃん犬の姿だったんです!

お兄ちゃん犬は逃げることもできたのですが、列車通過中はずーっと列車のしたで2匹で身をひそめていました。

列車がやってくる度に、お兄ちゃん犬が妹犬の頭を押さえて、接触しないように守っていたそうです。

ウクライナの12月ではマイナス10度以下になるそうです。

そうやって2匹は2日もの間、こんな過酷で危険なところで飲まず食わずで寄り添っていたんですね。

寒いし、寂しいし怖ったでしょうね。でも妹犬はお兄ちゃん犬がいてくれてどんなに心強かったことでしょうか。

人間でもなかなか出来ないのにお兄ちゃん犬とてもよく頑張ったね!

そしてついに無事救助!救助隊はタイミングを見計らって救助をしようとしたのですが

このカフカス犬という犬種は見知らぬ人には絶対に近づかないという習性があるそうです。

お兄ちゃん犬が妹犬を守ろうと必死に吠えて抵抗してくるので救助が困難だったとうことです。

最後には何とか救助が出来て、すぐに動物病院で手当てをしてもらって本当に良かったです。

お兄ちゃん犬は「パンダ」妹犬は「ルーシー」と名付けられたそうです。

引用元:http://karapaia.com/archives/52231467.html

幸運なことに2匹はまもなく元気になっていったそうです。

その後、予防接種も済ませて施設の人たちと触れ合っていくうちに次第と心も打ち解けて信頼してくれるようになりました。

スポンサードリンク

今現在は?

そして現在は、新しい里親が見つかり2匹は元気に過ごしているということです。

新しい里親の男性もとても優しそうな方で良かったです。

2匹ペアで保護されて優しそうな方が里親で本当によかったです。

これからも元気に仲良く過ごしていってね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です