フリーブックス(FBK)の終了や閉鎖理由は?今後も復活する可能性があるの?

5月3日本の共有&読み放題サイト「フリーブックス」がサイトを閉鎖したということです。

同サイトは著作権者の許諾なくアップロードされたとみられる本を無料でダウンロードできる

ので違法性が高いと指摘されて5月3日午後5時現在、サイトが閉鎖されたということです。

スポンサードリンク

ニュースの詳細

本の共有&読み放題サイト「フリーブックス」が5月3日、サイトを閉鎖した。

同サイトは著作権者の許諾なくアップロードされたとみられる本を無料でダウンロードでき、

違法性が高いと指摘されていた。3日午後5時現在、アクセスすると「サイト閉鎖のお知らせ」のみが表示される状態となっている。

フリーブックスは2016年にオープン。

「自作の漫画コミック・雑誌・同人誌・小説を自由に投稿し皆で共有&読み放題にできるファイル投稿共有サイト」と掲げつつ、

実際は著作権者の許諾なく違法アップロードされた本を無料で読める状態になっていた。

5月1日、同サイトの特徴と違法性がはてな匿名ダイアリーで指摘されて話題に。それとほぼ同じタイミングから、

フリーブックスは「サイトに対するアタックを受けている」と複数回にわたって告知しており、

サイトはつながりにくい状態が続いていたという。

3日午前3時には「現在メンテナンス中のためビューワー機能が仕様できない状態です」と告知していたが、

同日午後1時頃に「サイト閉鎖のお知らせ」に切り替わった。

フリーブルックスの終了や閉鎖の理由は?

フリーブックスは2016年からはじまり、「自作の漫画コミック・雑誌・同人誌・小説を自由に投稿し皆で共有&読み放題にできるファイル投稿共有サイト」と掲げていた。

実際は著作権者の許諾なく違法アップロードされた本を無料で読める状態だったということです。

5月1日には、同サイトの特徴と違法性が「はてな匿名ダイアリー」で指摘されて話題に。

それとほぼ同じタイミングから、フリーブックスは「サイトに対するアタックを受けている」と複数回にわたって告知していて、

サイトはつながりにくい状態が続いていたという。

3日午前3時には「現在メンテナンス中のためビューワー機能が仕様できない状態です」と告知していたが、

同日午後1時頃に「サイト閉鎖のお知らせ」に切り替わったということです。

今後も復活する可能性があるの?

フリーブルックスが閉鎖したのは、サイバー攻撃のせいなのかという噂がささやかれています。

その理由についてSNSなどで色々調べてみましたが、今のところ定かな情報は公表されていませんでした。

今まで無料で漫画や雑誌などがダウンロード出来ていたということでとても興味が持てるサイトですね。

ヘビーユーザーにはとてもとっては痛いニュースです。

自作のアニメや小説が投稿できるということなので、今から漫画家になろうとか小説家志望な方にとっては、

将来性のあるサイトだったのではないかと思います。

しかも無料ということで、なおさらお金がない学生などには人気があったのでしょう!

早く復活して欲しいものですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です