梅原達也の息子やwikiは?結婚相手の嫁の画像やパーキンソン病も調査!ハートネットTV

今回は、5月11日(木)NHKで20時00分から放送予定の「ハートネットTV」のコーナー

「もっともっと歌いたいぜ ―パーキンソン病と闘うロック歌手の日々―」に出演される。

梅原達也さんいついて調べていきたいと思います。

難病のパーキンソン病は、現代の医学でもまだ解明されていない病気の一つで、手の震えや行動が緩慢になる症状が

毎日続き、に非常生活に支障をきたし、また進行がすすむと死に至るおそろしい病気です。

そんな難病を患いながらも、ステージでは激しくシャウトするロックアーティストの梅原達也さんは、

2005年に自ら「若年性パーキンソン病」を公表したそうです。

では、梅原達也さんとは一体どういった方なのでしょうか?息子さんや結婚相手の嫁や病気についても気になります。

さっそくプロフィールから紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

梅原達也さんのプロフィール

引用元:http://sap.client.jp/profile.html
◆名前:梅原達也

◆生年月日:1961年2月6日(56歳)

◆出身地:沖縄県

◆出身高校:私立太成学院大学高等学校

◆職業:「44MAGNUM」のボーカル

2005年若年ぱーキンソン病と告知を受けながらも音楽活動を継続。

2007年自ら音楽を楽しむため結成されたバンド「PAUL POSITIONの活動開始

2009年アルバム「44MAGNUM」をリリース
LiveDVD「LIVE AT AKIVE」リリース

2013年 44MAGNUM 30th アニバーサリーアルバム「BEAST]をリリース

梅原達也さんの息子は?

ある情報では、梅原達也さんには3人の息子さんがいらっしゃるそうです。

一人は「Luther Fisher」というそうなのですが、詳しい情報は公開されていませんでした。

吉川裕規脱退以後、SHUSE(La’cryma Christi)とStevie(梅原“Paul”達也の息子)を新たにメンバーとして加えた

現在、「44MAGNUM」で活躍されている方が「Stevie Umehara」さんです。

引用元:Twitter

結婚相手の嫁の画像

梅原達也さんの奥様の顔画像が気になったので調べてみました。

奥様についての詳しい情報は公開されていませんでした。

梅原達也さんがパーキンソン病だということなので、きっと傍について献身的な奥さんがいらっしゃるのだと思います。

パーキンソン病とは?

主な初期症状には、「ふるえ」「固縮」「無動」「姿勢障害」の4つの症状が現れます。

そのふるえは、「静止時振戦(せいしじしんせん)」といわれ、

じっとしてしても、手や足にふるえが現れることがあります。

以上の4つの症状以外にも便秘、排尿障害、立ちくらみ、発汗異常(汗をかきやすい)といった自律神経症状があります。

それと、うつ症状も現れ、気が落ちこんだりもします。

パーキンソン病は進行していくと、自分一人では日常生活が困難になります。

進行の速度は個人によって異なりますので適切な治療を行い進行を遅らせる事が大切です。

パーキンソン病の薬物療法はとても強い副作用があり、幻覚や幻聴などの精神症状が現れます。

そういった症状が現れた場合にはすぐに医師への相談が必要となります。

世界的にも有名なマイケルJフォックスさんも同じパーキンソン病を患っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は「梅原達也の息子やwikiは?結婚相手の嫁の画像やパーキンソン病も調査!」というタイトルでご案内しました。

梅原達也さんは、若年性パーキンソン病を患っていても今なおバンドのボーカルとして活躍されています。

こんなに辛い病気を患っていても心はロック!病気を公表した際にも辛かったでしょうが、

今でも頑張り続けている姿に感服します。

今後の梅原達也さんご活躍も応援していきたいと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です