イノシシ退治の逃げまるくんの価格や購入方法と通販もあるのか気になる!

宮城県の岩沼市のイノシシによる農業被害額は2016年で、471万円、2015年よりもやく220万円も増えたそうです。

捕獲頭数も2015年度は25頭だったのに対し2016年度には77頭まで増え続けている。

開発した小野精工は東北各地で実験を重ね、農家などに試してもらった結果、85%から効果があると報告されたそうです。

「逃げまるくん」の特徴は、

動物が嫌がるレーザー光を昼は緑に、夜は赤に切り替えて照射し、イノシシやハクビシン、サルなどを追い払うというものということです。

電源は、太陽光パネルと蓄電池を使用するため、コンセントがない所でも使用可能です。

スポンサードリンク

逃げまるくんの価格や購入方法は?

価格は太陽パネル型が45万円、家庭用電源方が26万円ということです。

現在は、予約注文を受け付けているとうことですが、また販売されてはいないようです。

引用元:http://j-net21.smrj.go.jp/well/vibrant/detail/2016110201.html

◆会社名:小野精工株式会社

◆電話番号:0223-22-3104

◆FAX:0223-22-4030

◆代表者:小野和宏社長

◆業 種:金属プレス加工・金型製作、治工具製作、精密部品加工

◆所在地:宮城県岩沼市相の原3-4-9

「逃げまるくん」は動物を遠ざけるだけであって農作物だけでなく人や建物を守ることの期待も高まっています。

小野和宏社長は、イノシシだけではなく熊にも人の生活範囲に近づかないように活用できるはず、

「いずれは鳥類被害や、鳥インフルエンザへの抑止効果に結びつけられれば」と先を見据えています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、「イノシシ退治の逃げまるくんの価格や購入方法と通販もあるのか気になる!」というタイトルでご案内しました。

「逃げまるくん」は、まだ発売されていないということでしたが、東北だけでなくイノシシの被害にあっている場所は日本全国または、世界中あります。

将来は、熊や鳥も遠ざけるようになるとしたら、登山や山菜取りにも安心して行けそうですね。

また鳥インフルエンザの被害がなくなれば、宮崎県などでも需要がありそうです。

「逃げまるくん」の一番いいところは、銃など使わなくて動物にも人にも優しく、電源も太陽光パネルであれば、自然にも優しいというところ。

早く、発売日が来るのが楽しみですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です