あさイチ強くて美しい山口萩ガラスはどこで買える?アクセス地図と価格や通販サイトも調査!

今回は、6月6日(火)のNHKの朝の番組「あさイチ」のピカピカ☆日本で紹介される。萩ガラスについて調べてみたいと思います。

山口県の「萩ガラス」の歴史は古く、江戸時代から作られていたそうです。

今は、技術が進んでいて手作りのガラスの中でその耐熱性は、最も優れているということです。

電子レンジで使うことも出来きます。

普通のガラスよりも、高温で溶かして作製するため、なかなか成型することが難しいので、職人さんには高度な技術が必要とされます。

それでは、気になる強くて美しい「萩ガラス」は、どこで作られているのでしょうか?

スポンサードリンク

強く美しい山口萩ガラスはどこで買える?

それは、山口県萩市の『萩ガラス工房』というところにありました。

萩ガラス工房とは?

平成4年に山口県萩市笠山に、萩ガラス工房が設立されました。

安政6年(1859年)幕末の時代の長州藩士であり、科学者だった「中嶋治平」が残した資料を基に、「萩硝子」を復刻させたということです。

笠山で、とれる「石英玄武岩」を精製し1520℃という一般のガラスよりも超高温で制作しています。

熟練した職人さんの腕と独自の技術で国内では、ここにしかない最高級のガラス製品です。
『萩カラス工房』

◆住所:〒758-0011 山口県萩市大字椿東越ヶ浜4区1189-453

◆電話番号:0838-26-2555

◆FAX:0838-26-2666

◆営業時間:9:00~17:00(年中無休)

アクセス地図は?

価格や通販サイトも調査!

テレビで紹介されていた手作りのカップ&ソーサーは、こちら ↓  ↓http://hama.way-nifty.com/photos/uncategorized/2011/05/24/212.jpg

おすすめ商品は、液だれしない「しょうゆ差し(中)」 ◆販売価格:2,916円(税込み)

とても上品なしょうゆ差しなので、テーブルの上に置くと食卓が華やぎます。

http://www.hagi-glass.com/html/004.html

エメラルドグリーンが爽やかな「ぐい吞み」は、父の日の贈り物としても喜ばれそうです。

◆販売価格:5,400円(税込み)http://www.hagi-glass.com/html/2250_emeraldgreen.html

花瓶も色々なカラーがきらびやかですごく美しい! ◆販売価格:12,600円

http://hama.way-nifty.com/photos/uncategorized/2011/05/24/225.jpg

萩がらす工房オンラインショップはコチラ!

また、萩ガラス体験教室もあってお一人様3,600円で体験も出来ます。

アクセサリー制作体験も楽しそうですよ!お一人1,550円。

http://www.hagi-glass.jp/workshop.html

◆ご予約お問い合わせ先:0838-26-2555 (受付時間:当日16時まで)

まとめ

いかがでしょうか?今回は、「あさイチ強く美しい山口萩ガラスはどこで買える?アクセス地図と価格や通販サイトも調査!」というタイトルでご案内しました。

強くて美しい「萩ガラス」は、透き通って綺麗なデザインとヒビの感じがとても素敵でした。

一つ持っていると長く使えそうな物ばかりですね。自分のご褒美や記念日のプレゼントにも重宝されそうです。

私も是非!父の日に主人にプレゼントしようと思います!

では、最後まで読んで頂いてありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です