徳島県の民宿うり坊の山暮体験と木下夫婦のジビエ料理とは?行き方や地図も調査!

今回は2017年1月28日放送予定の「人生の楽園」で昔ながらの体験ができる民宿『うり坊』と地元の食材をつかった「ジビエ料理」について調べてみました。

徳島県東みよし町の小さな集落で昔ながらの体験ってどんなことするんだろう?
冬の山暮らしだから寒くて厳しいのかなぁ?体を動かして楽しいかも!

木下さん夫婦ってどんな方なのかしら、「ジビエ料理」ってはじめて聞くので
どんな料理?地産地消?きっと体が喜ぶ料理だと思います!興味が湧いてきました。

スポンサードリンク

民宿『うり坊』の山暮らし体験って?

山暮らし体験とは、農家の家族としてありのままの田舎暮らしを体験します。
家族だんらんや地域の人々と触れ合いの中助け合う大切や共に働くことの喜びや実感をしていきます。
この地方独特の山の斜面を上手に生かした「傾斜地農法」で田畑を作り美味しい野菜作ってそうです。

ご夫婦が提供する山暮らし体験プログラムは、農作業やそば作りなど、季節ごとに様々なものが楽しめます。

一般的には農作業・山散策・薪割り・山菜取り・田舎そば・うどん打ち・田舎だんご・こんにゃく作りなどすることですが、
特に木下さんの民宿『うり坊』では罠をつかった野生肉のおいしい「狩猟体験」もできます。

木下夫妻のジビエ料理って?

ジビエとは狩猟で得た天然野生鳥獣の食肉のことで「ジビエ」とはフランス語で
野生の鳥獣を意味する言葉で、その名の通り野生の鳥獣の肉を食材にした料理のことなんです。

主に鴨や猪、キジ、ウサギ、鹿、熊などを使った料理で、日本でも昔から食材として使われてきたものばかりです。
晩秋から冬にかけてたっぷりと栄養を蓄えたジビエは、
高タンパク低カロリーで肉の旨みのつまったこの食材はここ最近人気が高まってきています。

日本の多くでは農作物の被害に悩ませられていることから生息密度を調整するために
地元猟友会などで駆除を行っています。

三好東部森林組合の組合長さんでもある木下正雄さんは、お勤めのかたわらで、
長年ずっと林業にも関わってきた山のベテランでしたが、

ここ十数年間、狩猟の道に足を踏み入れたのも民宿の主としての「肉を供するための狩猟」だけでなく、
林業者としての「山を守るための狩猟」という視点でもあったのですね。

ご夫婦が丹精こめて育てた旬んの野菜で作った公代さんの田舎料理も『うり坊』の看板メニューです。

正雄さんが捕らえたイノシシ肉などを使ったオリジナルの「ジビエ料理」も味わえます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?山暮らし体験をした後の田舎料理は一段と美味しいでしょうね!
毎日、都会の雑踏で生活しているとたまに田舎で心も身体も癒されたくなりますね。
「ジビエ料理」って美味しいだけではなく、「山や農家を守るための狩猟」でもあったのですね!

私も高たんぱく低カロリーの「ジビエ料理」や自家栽培の野菜を使った田舎料理。
ダイエットにも良さそうで食べたくなりました(笑
皆さんも是非訪れてみて下さい。

所在地:〒 771-2503 徳島県三好郡東みよし町東山字内野29番地

電話番号:0883-79-5226 、090-4338-2985

営業時間 11:00~16:00

民宿『うり坊』への行き方はコチラ!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です