北原淳の経歴や嫁を調査!アインシュタインラボとは?

今回はサイエンス・クリエイターの北原淳さんを調べてみました。

最近は、学校で理科の実験中に事故がおきて生徒さんが怪我をするなどの問題で
「理科離れ」しているそうです。

「理科離れ」ってことは「リケジョ」がいなくなってしまう!
STAP細胞の小〇方さんの問題もありましたけど・・・

日本はただでさえ海外と比べて女性の研究者が少ないのだそうです。
これは、日本の政府や産業界においても大問題です!

日本の明るい未来や子供のためにも!
「アインシュタインラボ」とは何なのか?

北原淳さんってどんな方なのか?とても興味がわきました。

スポンサードリンク

北原淳さんのプロフィール


◆名前: 北原淳(きたはらあつし)

◆年齢: 49歳

◆職業: サイエンスクリエイター

◆居住地: 神奈川県横浜市

サイエンスクリエーターって職業ってなんなんでしょうかねぇ!
はじめて聞きました!

北原さんの奥さんや子供さんは?

調べてみましたが、残念ながら、彼女の噂や結婚相手の詳しい情報はありませんでした。
おそらく、白衣とメガネの似合うきりっとした女性!「リケジョ」だったのではないかと思います。(笑

お子さんはいらっしゃるという噂です。

北原さんは、子どもの明るい未来のために実験教室を開いているわけなので

きっと子ども好きなんだとます。優しいイクメンパパパ!

休日はご家族で楽しく理科の実験などしていそうですね!

アインシュタインラボとは?

以前は大手進学塾の講師だった北原淳さんは、現在は子どものための理科実験教室「アインシュタインラボ」を運営されています。

北原さんはアインシュタインの「何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない」という格言をもとにこの「アインシュタインラボ」をつくり、物理・化学・生物など様々な分野の理科実験を通して、子どもに科学の楽しさを知ってもらい「生きた学力」の育成を目指しているそうです。

また、北原さんはいろいろな子どもたちに科学の楽しさを広めるために様々なイベントを開き、テレビやラジオにも出演しています。

子どもが釘付けになる不思議な実験


では、北原さんが行っている実験とはどんなものなのでしょう?
2014年に佐賀市のメートプラザ佐賀で行われた「子どもサイエンス教室」というイベントでは、親子500人が科学実験を体験しました。

液体窒素をつかって瞬間的にアイスクリームをつくる実験では子どもたちは興味津々で真剣に聞き入っていました。
ちなみに、アイスクリームは思った以上に甘くて美味しかったそうです。


また、北原さんがマイナス196度の液体窒素を床にこぼすと白い煙が魔法のように広がり

子どもたちは紫色の光が出るペンでハートや文字を「空中お絵描き」したんですって!

まるで夢の様な実験ですね!まさにファンタジーの世界ですね。子どもたちも北原さんも楽しそうです!
参加されたお母さんからは、「理科がもともと好きな長男が、さらに興味を持ってくれそう」と嬉しそうに目を細めていらっしゃいました。
こんな幻想的な実験だったら私も童心に戻って体験してみたいと思いました!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、北原淳さんの「北原淳の経歴や嫁を調査!アインシュタインラボとは?」というタイトルでご案内しました。

「楽しいから考え、感動があるから努力できる」
子供たちの能力が開花するカギは、まさにここにあると思います。
子どもだけで、なく大人もそうでありたいですね。

一人ひとりの個性や好奇心、自然への探究心が将来「科学する精神」の北原さんの思いがこれからも続いていきますように。

『アインシュタインラボ』へのお問い合わせはコチラ!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です