西堀耕太郎のプロフィールや嫁を調査!和傘職人の和風照明とは?


今回は、2月7日(火)22時~放送予定の「ガイアの夜明け」

に出演の西堀耕太郎さんについて調べてみました。

なんと!年商を100倍を実現された人物だそうです。

凄いですね!伝統工芸で100倍ですか!

どうやったらそんな倍数になったのでしょうか?

相当なやり手のようですね。

西堀耕太郎さん恐るべきお方!

どんな方なのか、とっても知りたくなりました!

スポンサードリンク

西堀耕太郎のプロフィールや嫁を調査!

◆名前:西堀 耕太郎
◆年齢:42歳
◆出身地:和歌山県新宮市
◆出身校:新宮高校
◆職業:京和傘製造元「日吉屋」五代目

カナダで1年半留学後、地元の新宮市役所に勤める。

観光課で働き、時には通訳もされていました。

その時に今の奥さんと出会い23歳の時に結婚されました。

その奥さんのご実家が「日吉屋」だっとということです。

当時、日吉屋は和傘がなかなか売れずに
お店をたたむことも考えていたそうです。
ところが、西堀さんは「こんなに美しく伝統のあるお店を
たたんでしまうのはもったいない」と思ったそうです。

2004年に「私が日吉屋の五代目を継ぐぞ!」
と決心したそうです。

奥さんはどんな方?

日吉屋の娘さんという事は分かりましたが、

残念ならが詳しい情報は分かりませんでした。

きっと和服が似合う美人な奥様ではないかと思います。

こんな感じ!日吉屋のホームページに載っていました。👇  👇

インターネットを使ってブレイク

西堀さんは、公務員時代の経験を生かしてお店の
ホームページを作成し、Yahoo!にも登録しました。

すると驚き!以外にも和傘に興味がある人が多くいたんです!
ホームページに沢山の人が訪れるようになります。

さすが!英語がお得な方だけあって
ホームページには英語版でも見られるようになっています。

メディアの関係者たちが情報をインターネットで検索して
テレビや新聞などでも取り上げられるようになります。

それに伴い売り上げも増えていったそうです!

インターネットの力って凄いですね!
お店もどんどん売り上げが増えて良かったですね!

その後、和風照明『古都里−KOTORI』で
グッドデザイン賞を受賞されています。

和傘職人の和風照明とは?

HGペンダントф388

■ ランプ: 40W E17乳白ボール球×1
■ 本体: スチール/ホワイトブロンズメッキ仕上げ
■ シェード: 竹、木、和紙

ST フロアスタンドф388

■ ランプ: 100W E26乳白ボール球×2+ナツメ球×1、切り替えスイッチ付
■ 本体: スチール/黒半ツヤ塗装仕上げ
■ シェード: 竹、木、和紙

HG自立式スタンドф220

■ ランプ: 40W E17乳白ボール球×1、中間スイッチ付
■ 本体: スチール/黒半ツヤ塗装仕上げ
■ シェード: 竹、木、和紙

「日吉屋」オンラインショップはコチラ!

光が優しく和風にも洋風にもどんなシチュエーションでも合いそうですね。

ちょっと飾るだけで、気持ちが癒される感じがします。

 

『京和傘 日吉屋』

住所:〒602-0072京都市上京区寺之内通堀川東入ル百々町546
電話:075-441-6644
営業時間:10:00~17:00
定休日:土・日・年末年始
アクセス:市バス「堀川寺之内」下車徒歩約2分、
地下鉄烏丸線「鞍馬口駅」下車徒歩約10分
日吉屋のホームページはコチラ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は「西堀耕太郎のプロフィールや嫁を調査!和傘職人の和風照明とは?」
というタイトルでご案内しました。

以前は廃業寸前だった奥様のご実家だったのに
それが今では世界の人に「老舗ベンチャー」として
脚光浴びてる姿はとてもかっこいいですね!

きっとご家族の方は、この人と結婚してくれて良かったと
ほっと一安心なさっていることでしょうね。

これからも、日本の伝統を世界い繋げていってくださいね!
応援しています。

では最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です