にんべんの髙津克幸のプロフィールを調査!鰹だしの魅力に迫る!


今回はTV東京で2月9日(木)21:54~放送予定の
「カンブリア宮殿」に出演の髙津克幸さんについて
調べてみました。

削り節が小分け包装された「フレッシュパック」やオレンジのラベルで有名な

「つゆの素」を皆さんも一度は目にされたことがあると思います。

創業300年以上の歴史をもつ老舗の「にんべん」ですが、

やはり時代と共に消費が落ち込む現状をどうにか打破しようとします。

この時代を生き抜くために13代目当主の髙津克幸さんは

さて、どんな戦略にでるのかが見どころです。

スポンサードリンク

髙津克幸さんのプロフィールを調査!

◆名前:髙津 克幸(かたつ かつゆき)
◆出身地:東京都
◆出身大学:青山学院大学経済学部

1993年大学卒業後、高島屋に入社。
1996年にんべんに入社。その後13代目当主となる。

「にんべん」鰹だしの魅力に迫る!

鰹節の種類

焼津節
静岡県焼津の製造方法を基本にして制定された焼津節(改良型本節)
保存時に縄で吊るしやすいように頭の部分がくびれていると
つるしやすいのでこの形になったと言われています。

薩摩節
鹿児島県枕崎で古来より受け継がれている薩摩節(薩摩型本節)。
薩摩節(薩摩型本節)の大きな特徴は、生切りで頭を落とす時に、
約45度の角度でスパッと切り落とします。

お肌もつやつや!コラーゲンの働きを活性化!

栄養たっぷりのかつお節には、良質なタンパク質を主成分に
余分な塩分を排出してくれる働きのあるカリウムやリン、ビタミンD
などを含んでいます。
また、体内では作ることが出来ない8種の必須アミノ酸も豊富です。
この様に栄養分がたっぷりのかつお節は
コラーゲンの働きが活性化されると言われています。
健康と美容に大変よい食品です。

タンパク質が多くて低カロリー

タンパク質が主成分であるかつお節は脂肪の酸化を防ぐ
ビタミンEや日本人の不足がちなカルシウムや
ミネラルが豊富なんです。

かつお節は、脂肪の酸化や動脈硬化を防ぐビタミンEのほか、
日本人に不足しがちなカルシウム、ミネラルを含み、

しかも脂肪分はわずか3%。栄養価が高くてヘルシーですから、
健康を気にしながらのダイエットにおすすめです。

にんべんの新商品

「江戸レッシング」の風味が野菜のおいしさを引き立ててくれます。
鮮やかな彩なので、前菜やおつまみ、お弁当などにも重宝します。
1日置いても美味しく頂けますので、
普段、忙しい主婦などの作り置き総菜としても大活躍です。

髙津さんが手がけた「江戸レッシング~煎り酒~」は、
江戸時代の調味料「煎り酒」を改良した商品です。

お客様から「煎り酒」の使い方がいまいち
分からないというお声により
「江戸ドレッシング」は生まれ変わりました。

江戸時代にこんなに美味しい調味料があったの?
と評判を聞きつけた人から大変よく売れているのだそうです。

2000年からはネット通販も始めて
当初の売り上げが付き20~30万円だったのが
今では、3000万円以上にもなるそうです。
驚きの好調ぶりですね!
株式会社「にんべん」へのお問い合わせはコチラ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は「にんべんの髙津克幸のプロフィールを調査!鰹だしの魅力に迫る!」

というタイトルでご案内しました。

かつお節は、高タンパクで低カロリーでミネラルも豊富だったのですね!

私は普段「お好み焼き」や「冷や奴」くらいにしか使っていませんでした!

お肌にもいいという事なのでいろいろ工夫して使ってみたいです。

「江戸前ドレッシング」も何にかけてもお料理に合いそうです。

酢飯にしたり、炒め物にもいいと思います。

では、2月9日(木)の放送も楽しみですね!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です