高橋慎太郎のギランバレー症候群とは?wiki風プロフィールも調査生きるを伝える!


今回はテレビ東京 2月11日(土)20:54~放送予定の

「生きるを伝える」に出演の「高橋慎太郎」さんに

ついて調べてみました。

高校時代に「ギランバレー症候群」という難病に侵され、

不自由なからだで将来に不安の毎日だった彼は

どの様にして、この困難に立ち向かっていったのでしょうか?

「ギランバレー症候群」とはどのような病気なのでしょうか?

また、高橋さんは、どのような方なのでしょうか?

スポンサードリンク

ギランバレー症候群とは?

症状

筋肉を動かす運動神経に障害がおきる難病で

手足や全身が動かなくなる可能性があります。

前兆としては、はじめ(1~3週間位に)風邪のような症状(喉の痛みや倦怠感)

や下痢、急性胃腸炎、急性結膜炎などの症状が現れはじめます。

ある調査によると「ギランバレー症候群」の患者さんの半数以上の方が

このような症状が出はじめたということです。

初期症状は、手足の筋力が急速に低下していき

足のに力が入らなくなることが多いそうです。

発症後2~4週間くらいで症状がピークに達していきます。

約50%ほどの患者さんのなかには顔の筋肉が低下もみられます。

また症状が体幹部(胴回り)に上がっていき

上肢(手の先)末梢神経まで広がっていきます。

重症の場合は、中枢神経障害の呼吸不全を

起こすこともある難病なんです

原因は?

はっきりとした原因は分かっていませんが、

初期症状の1~3週間頃に咳や発熱、のどの痛み、倦怠感、下痢

などの症状がおこることが多いので、

さまざまなウイルスや細菌の感染が元となり、

自己免疫的機序(自己の体に対して免疫が働く)が

引き金となり発症すると言われています。

またインフルエンザなどの予防注射が

原因となることもあるそうです。

治療方法は?

免疫グロブリンの大量静注療法や

血漿(けっしょう)交換療法が有効な治療法と言われています。

免疫グロブリンの大量静注療法を5日間行い、

血漿交換療法の回数は症状の具合によって違いがありますが

2日に2回、重症な方には2日に4回くらい行います。

その治療と並行し、筋力アップのリハビリをすることも大切です。

高橋慎太郎wiki風プロフィール

◆名前:高橋慎太郎(たかはし しんたろう)
◆年齢:22歳
◆出身地:愛媛県宇和島市
◆在住地:東京

2013年 ピカソ美術館、ミロ美術館、ガウディ建築等を見学

2016年 高橋慎太郎展『21才、生きていけ。』
「Art Gallery M84」へのサイトはコチラ!

タイトル「三人組」

新人秀作賞 「哲学の墓場」

「孤独 (夏の河辺)」

高橋慎太郎さんは美術の学校や専門学校にも行ったことがなく

すべて我流で書いているそうです!

私が絵心が全くありませんのでなんと表現したらいいか

まるで天才画家現代のピカソって感じがします!

高橋慎太郎さんは、22歳という若さで個展を開催しているだけでく、

実際に50万から100万円の絵画も売れているそうです。

今から買っておくと値上がりしそうですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は「高橋慎太郎のギランバレー症候群とは?wiki風プロフィールも調査生きるを伝える!」

というタイトルでご案内しました。

「ギランバレー症候群」という難病でありながら、

確実に自分の夢に進んでいく高橋慎太郎さんは、

強くて、たくましく、そしてとても頼もしいですね!

今年の5月にはドイツ留学も予定されているそうです。

これからの、彼の活躍も期待したいと思います!

では、最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です